最近はNintendo Switchのデモンストレーション動画で、心が揺り動かされているひとも多いんじゃないんでしょうか。
あのクオリティでゼルダの伝説の新作となったら面白くない想像ができないですもんね。

そのちょっと前にもSONYが新しいPS4を発売、それに付随して「Playstation VR」も発売したのは記憶に新しいですよね。
WiiU/PS3/XboxOne以来の三つ巴の戦いがじわじわと来ているのが目に見えてきました。

 

そう、その3番目、Xboxの次世代機「scorpio(スコルピオ)」の話が上がってきました。

Xbox等Microsoftゲーム機開発のトップであるフィル・スペンサー氏は

Scorpioは(ある意味、PS4 Proのような)中途半端なアップグレードではなく、今あなたが所有しているゲームと後方互換性がある、本格的な次世代機

Scorpio向けにリリースされた作品もXbox Oneでプレイできるようになる

と明かしているようで、完全新型じゃないSONY、過去のゲーム機は切り捨てる任天堂を完全に意識していることがわかります。


ここに来て、最高の性能が売りだったPS4proをもかなり突き放す「Xbox Oneの4.5倍の性能」を投入してくるようで、超大企業のMicrosoftの本気がちょっと怖いですね。

  • 斬新なコントローラ・遊びの場所を選ばない Nintendo Switch
  • 4K性能を手に入れてVR環境も整った 新型PS4
  • 4K性能を余裕で手に入れ・日本勢が諦めた過去のゲーム機にも対応した Microsoft Scorpio

もうかれこれ何回目でしょうかね?またこの構図になって激戦は必至でしょうから、今から非常に楽しみですね。
スマホに注力し始めた任天堂も、Wiiのあの頃の盛り上がりを忘れていないでしょうから復権してしのぎ合ってくれることを望みます。