プレイステーション(PlayStation)の凄いスペックまとめ

どんなゲーム機だった?

性能・スペック

製品名
PlayStation(プレイステーション)
メーカー
SONY
CPU
製品名
R3000カスタム 32bitRISC
キャッシュ

1次キャッシュ データ64KB/命令64KB
2次キャッシュ –

動作クロック
33.8688MHz
コプロセッサ
GTE(ジオメトリエンジン)
演算能力:最大150万 ポリゴン/秒
可変長固定小数点演算
メインメモリ
メインメモリ
2MB
ビデオメモリ(VRAM)
1MB
グラフィック
解像度
256ドット×224ライン(ノンインターレース )~640ドット×480ライン(インターレース)
ポリゴン
36万ポリゴン/秒
サウンド
サウンド
SPU 16bit PCM
サンプリング周波数
44.1kHz
同時発音数
24ch
メモリ
512KB
CD-ROM
ドライブ
倍速CD-ROMドライブ(2倍速)
対応規格
PlayStation規格 CD-ROM
CD-XA
CD-DA
その他
メモリーカード
1Mbit(1ブロック:8KB 計16ブロック)
15ブロック:データ/1ブロック:管理 に使用
外部コネクタ
コントローラ *2
メモリーカード *2
AVマルチ端子
映像・音声端子(RCA)
通信(シリアル)
外部拡張(パラレル)
メディア
最大700MB(CD-ROM mode2)
消費電力

スペック解説

CPU

ワークステーションやサーバーに使用されていたミップス社設計の「R3000」プロセッサをカスタムしたもの。当時のMIPSアーキテクチャはゲームコンソールに利用するにはメモリ効率があまりよくなく、各ゲームベンダーが様々な工夫をして製作していた。

グラフィック

ゲーム機初の3Dポリゴン処理であり、当初から特化したアーキテクチャをとっていたため、当時のPCよりも高い性能を持っていた。ジオメトリエンジンがポリゴンの頂点演算や座標変換を行い、全てCPUで処理する。一方2Dはスプライト・BG機能などの2D機能を搭載していなく、「擬似スプライト」機能があるがあまり再現性が高いとはいえない。

PlayStationには高速なJPEGデコーダを内蔵しているため、MotionJPEGでの動画再生が可能である。これにより、プリレンダリングされた3DCGムービーとネイティブの3Dシーンを連結して物語を進めるという技法が確立した。

サウンド

SPUは最大24ch。 スーパーファミコンのサウンド用DSPの系列というのも特徴。
スーパーファミコンの項を参照)

通信

本体同士を接続して通信対戦するコネクタが搭載されていたが、ごく一部のゲームでしか使用できなかった。最終的に廃止されてしまう。

メディア

大容量のCD-ROMメディアを採用しており、最大700MBまで収録可能。CD-ROM mode2なので大容量である反面、傷に弱いので丁寧に扱う必要がある。